記事一覧

王道の「黒」こそ最愛ブランドで差をつけたい!スタイルチェンジ可能な新作バッグ3選

ビジネススタイルを格上げしてくれるバッグは、キャリア女性の心強いパートナー。なかでも「黒」のバッグはタイムレスに使えるステディアイテムとして欠かせません。本記事では、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「グッチ(GUCCI)」「サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」から、取り外し可能なストラップを備えた新作バッグを厳選してご紹介します。




手持ち・肩掛け・クロスボディ…どれもスタイリッシュに決まる!「黒バッグ」3選
ビジネスシーンにおける基本中の基本といえば「黒」のバッグ。ベーシックなアイテムだからこそ、“デザイン性”や“ラグジュアリー感”で大きな差がつきます。さらに、取り外し可能なストラップによって、その日のファッションや目的に適したスタイルにできるのも、才色兼備なコーディネートを叶えるポイントです。

そんなキャリア女性の日常に寄り添ってくれる黒バッグを、人気のラグジュアリーブランドからセレクトしました。

■1:ルイ・ヴィトン|A4書類もPCもスマートに収納「サックプラ PM」
メゾンの伝統的な「サック・プラ」から着想を得た「サックプラ PM」。エピ・レザーの縦長ボディに、カーフレザーのトリミングが組み合わせられています。

A4サイズの書類やノートパソコンを収納できる充分なサイズも魅力。なめらかなレザーとモノグラム・キャンバスで仕立てた取外し可能な幅広のストラップで、ショルダーバッグやクロスボディバッグとしても楽しめます。


バッグ¥316,800【W30×H32xD10cm】(ルイ・ヴィトン)
■仕様メモ
・ファスナー式内ポケット
・取り外し可能、調整可能なストラップ

【関連記事:ルイ・ヴィトン|たっぷり収納と品格素材に心酔!ヘビロテ確実な3WAYバッグ4選】

■2:グッチ|バンブーハンドル&高機能性が魅力の「グッチ ダイアナ」
グッチの伝統を象徴するエレメントであるバンブーハンドルと、それを用いたバッグは1947年にフィレンツェの工房で誕生しました。ルブタンバッグ メンズその歴史あるバッグに新たな解釈が加えられて誕生したのが「グッチ ダイアナ」です。

デザインにアクセントを添えるネオンカラーのレザーベルトは、オリジナルのバッグに付属していた、ハンドルの形状を維持するためのバンドにインスピレーションを得たもの。シーンに合わせて取り外し可能なので、デイリーからフォーマルまでシーンに合わせてスタイルを変えることができます。

内側はジップ付きの間仕切りポケットで2つのコンパートメントに仕切られており、荷物のオーガナイズがしやすい構造。両側にもポケットを備え、USBメモリーやペンをはじめ、スマホや名刺入れといったビジネスの必需品を収められます。14cmの広めマチで、優れた収納力も見逃せないポイントです。



バッグ¥454,300【W35×H30×D14cm】(グッチ)
■仕様メモ
・インナーオープンポケット×1
・ジップコンパートメント×2
・取り外し可能、調節可能なショルダーストラップ付き

【関連記事:グッチ|ビジネスシーンに自信を授ける!バンブーハンドルにエレガンス薫る「グッチ ダイアナ」】

■3:フェラガモ|上質さとこなれ感の絶妙バランス「ザ ステューディオ トートバッグ」
非常に柔軟なレザー素材であるビッテーロを使用。なめらかな質感の、薄くても耐久性に優れた極上素材が、ゆったりとしたドレープシルエットをつくりだします。

ビジネスの必需品の整理に便利な、取り外し可能なポーチ付き。トップハンドルのほかに、取り外し可能なストラップで肩掛けやクロスボディでも使用でき、3WAYで楽しめます。軽量かつXLのサイズ感は荷物の多い通勤日のほか、出張にも最適です。



バッグ¥462,000【W59×H56×D18cm】(サルヴァトーレ フェラガモ)
■仕様メモ
・取り外し可能なストラップ付き
・取り外し可能なポーチ付き

【おすすめの関連記事】:http://klar.top

グッチはイタリア・フィレンツェ生まれのラグジュアリーブランドです。

グッチはイタリア・フィレンツェ生まれのラグジュアリーブランドです。2015年にはアレッサンドロ・ミケーレ氏がクリエイティブ・ディレクターに就任。エレガントかつセクシーなブランドイメージを刷新したことで、若年層のファンが増加しました。

チェーンバッグにおいては、デザインバリエーションが豊富なので、好みに合わせて選べるのが魅力。ダブルGの金具がラグジュアリーに輝くデザインや、モノグラムを採用したものも人気です。

グッチ(GUCCI) GGマーモント レザー ミニ チェーンバッグ


シンプルで幅広いコーディネートにマッチするチェーンバッグです。アイコニックなダブルGのマークが、ブランドの存在感をさりげなくアピール。自然なツヤとシボ加工を施したような凹凸も、高級感のあるルックスをサポートしています。

サイズはタテ12×ヨコ20×奥行5cm。折りたたみ財布とスマートフォンなどを、余裕を持って収納可能です。内側にはオープンポケットとジップポケットに加え、カードスロットも6つ配置。実用性の高いシンプルなチェーンバッグを探している方は、ぜひチェックしてみてください。


グッチ(GUCCI) GGマーモント キルティング スモール ショルダーバッグ



グッチを代表するGGマーモントシリーズのチェーンショルダーバッグです。ローズベージュのニュアンスカラーがおしゃれで、いつものコーデを旬の着こなしへアップデート可能。キルティングレザーを使用しており、立体感のある表情に仕上げています。

また、アンティークゴールドのダブルGロゴが、存在感をしっかりアピール。輝きすぎない質感で、上品な印象を与えます。サイズはタテ14.5×ヨコ24×奥行6cm。一般的な長財布をすっきり収納できます。ファスナーには長めのチャームがついているので、開閉も簡単です。

【関連記事】:http://dannoso.top/

コーディネートのスパイスに! STORYスタッフが狙う今月の「イチ推しバッグ」

ひとつあればコーディネートが新しくなって気分もアガる、それがバッグのいいところですよね。プラダバッグ レディース目利きのSTORYスタッフが狙っているアイテムをご紹介します!



いち早く手に入れたい人気のカーニバルの新作です。
バッグ「メイポール カーニバル」〔H22×W17×D17cm〕¥175,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)



クラシックなタータンチェック。レザーのショルダーストラップ付きです。バッグ「5AC」〔H18×W26×D13㎝〕¥260,000(メゾン マルジェラ/メゾン マルジェラ トウキョウ)



大容量で軽いバッグはポケットがポイント。ストラップを伸ばせば肩がけも可能です。エルメス トートバッグ コピーバッグ〔H25×W19×D13㎝〕¥180,000(ヴァレクストラ/ヴァレクストラ・ジャパン)


【関連記事】:ファッションに関するプロジェクト一覧

ルイ・ヴィトンからモノグラム・シャドウ レザーを使用した新作が登場。落ち着いたネイビーが都会的な印象に

ルイ・ヴィトンは、モノグラム・シャドウ レザーを使用したメンズ レザー・グッズの新作「モノグラム・シャドウ ネイビー」を4月16日より発売予定です。

メゾンを代表するモチーフの一つである「ミュウミュウ パック」をボディ全体にエンボス加工で配した本コレクションは、落ち着いたネイビーが都会的な印象を与えます。

取り外し可能なコインパース付きの「デュオ・メッセンジャー」やカジュアルな「ディスカバリー・バムバッグ PM」をはじめ、ラウンドジップの「ジッピーウォレット・ヴェルティカル」、スナップボタンのミニマルな「ディスカバリー・コンパクト ウォレット」など春の装いにアクセントを加えるアイテムを展開します。



ディスカバリー・バムバッグ PM W44 x D9 x H15cm 24万1,000円(税抜予定価格) 26万5,100円(税込予定価格)
(C)Louis Vuitton



デュオ・メッセンジャー W26 x D5 x H18.5 cm 25万5,000円(税抜予定価格) 28万500円(税込予定価格)
(C)Louis Vuitton



オーガナイザー・ドゥ ポッシュ W8 x D1 x H11 cm 5万4,000円(税抜予定価格) 5万9,400円(税込予定価格)
(C)Louis Vuitton

画像クレジット:(C)Louis Vuitton
一部のルイ・ヴィトン ストアおよび公式サイトwww.louisvuitton.com にて発売予定。

【ルイ・ヴィトンについて】1854年の創業以来、ルイ・ヴィトンは、革新とスタイルを組み合わせた独自のデザインを常に最高級な品質で提供し続けています。現在もトラベルラゲージ、バッグ、アクセサリーなどの製品を通じて、クリエイティブでありながらエレガントで実用的という、創業者ルイ・ヴィトンが生み出した「旅の真髄(こころ)」という精神を忠実に受け継いでいます。ルイ・ヴィトンというストーリーを作り上げたのは「大胆さ」でした。伝統を重んじ、歴史の中で建築家、アーティスト、デザイナーに門戸を開き、プレタポルテ、シューズ、アクセサリー、ウォッチ、ファインジュエリー、フレグランスなどの分野を開拓してきたのです。これらの丁寧に製作された製品は、ルイ・ヴィトンがクラフツマンシップにいかにこだわりを持ってきたかという証となっています。


【関連記事】:岩手県の最新ファッション情報